×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠障害に属する不眠症

睡眠(すいみん)障害(しょうがい)には、色々(いろいろ)な分類(ぶんるい)があります。どういった種類(しゅるい)のものがあるのか説明し(せつめいし)てみたいと思い(とおもい)ますので参考(さんこう)にしてみてください。【不眠症(ふみんしょう)】睡眠(すいみん)に関(かん)する開始(かいし)(寝つき(ねつき))とか、睡眠(すいみん)の維持(いじ)(途中(とちゅう)でおきてしまう)とかが難しく(むずかしく)、それが障害(しょうがい)となっている状態(じょうたい)の事(こと)を指し(さし)ています。【過眠症(かみんしょう)】夜(よる)ではなく、昼間(ひるま)に眠気(ねむけ)が強く(つよく)眠っ(ねむっ)てしまい、一度(いちど)寝(ね)てしまうとなかなか目(め)を覚ます(さます)ことができなくなってしまう状態(じょうたい)の事(こと)を指し(さし)ています。【リズム】睡眠(すいみん)というのは、朝起き(あさおき)て夜(よる)寝る(ねる)という24時間(じかん)の周期(しゅうき)の中(なか)でリズムがありますが、このリズムが崩れ(くずれ)てしまい、夜(よる)眠れ(ねむれ)なくなってしまう状態(じょうたい)の事(こと)を指し(さし)ています。【不眠(ふみん)】夜(よる)寝(ね)ているときに、悪夢(あくむ)や夢遊病(むゆうびょう)など睡眠中(すいみんちゅう)に起きる(おきる)事によっ(ことによっ)て睡眠(すいみん)そのものが邪魔(じゃま)されてしまう状態(じょうたい)の事(こと)を指し(さし)ています。このように、さまざまな睡眠(すいみん)障害(しょうがい)のパターンがあると思い(とおもい)ますが、ここでは不眠症(ふみんしょう)に関(かん)する症状(しょうじょう)の事(こと)に関し(にかんし)て説明(せつめい)します。不眠症(ふみんしょう)には一過性(いっかせい)不眠(ふみん)、短期(たんき)不眠(ふみん)、長期(ちょうき)不眠(ふみん)と種類(しゅるい)がありますがそれぞれ心配(しんぱい)度(ど)や症状(しょうじょう)が違い(ちがい)ます。一過性(いっかせい)不眠(ふみん)は海外旅行(かいがいりょこう)に行って(にいって)時差ぼけ(じさぼけ)で眠れ(ねむれ)ない、今日(きょう)は暑(あつ)すぎて眠れ(ねむれ)ない、旅行(りょこう)で枕(まくら)が変わっ(かわっ)て眠れ(ねむれ)ないなど一時的(いちじてき)な環境(かんきょう)の変化(へんか)によって起こる(おこる)ものを指し(さし)ます。この場合(ばあい)は一過性(いっかせい)のものなので時期(じき)に治る(なおる)と思い(とおもい)ます。そのほかには、眠れ(ねむれ)ない症状(しょうじょう)が1〜3週間(しゅうかん)ほど続く(つづく)ものを短期(たんき)不眠(ふみん)、1ヶ月(かげつ)以上(いじょう)続く(つづく)ものを長期(ちょうき)不眠(ふみん)といいます。長期(ちょうき)不眠(ふみん)の場合(ばあい)は専門(せんもん)のお医者(いしゃ)様(さま)へ行き(いき)きちんと治療(ちりょう)をしてもらうようにすることをお勧め(おすすめ)します。どちらにしても、早め(はやめ)の対策(たいさく)をするのがいいと思い(とおもい)ます。

不眠症

睡眠障害には、色々な分類があります。どういった種類のものがあるのか説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。

不眠症